気になる傷跡のこと|ワキガ治療で体臭を改善しよう|手術で無臭になろう

気になる傷跡のこと

ウーマン

ワキガの治療法はさまざまあり、今では切開をしない治療もあります。しかしそのような治療は、保険適用外になることがほとんどで、費用が高額になってしまいます。ワキガ治療で、保険適用内になるのは剪除法です。剪除法とは、脇の下を5センチ程度切開して、皮下組織内のアポクリン腺を除去する施術です。メスで切開をするため、脇下には、直径3センチ~5センチほどの手術跡が残ります。そのため人によっては、剪除法でワキガ治療をしたくないという方も多いでしょう。しかし技術力が高い医師が行なえば、シワに合わせて、丁寧に縫い合わせてくれるためかなり目立ちにくくなります。

ワキガ治療では、タイオーバーを行なうことが重要になります。タイオーバーとは、切開した部分に、直接ガーゼを縫い付けるというものです。タイオーバーをすることで、止血と圧迫固定の両方を適切に行なうことができます。しかしタイオーバーをしてしまうと、ガーゼを固定するための切開が必要になるので、さらに傷跡が増えてしまうのです。ですから傷跡を残さないことを優先する場合は、タイオーバーをしないクリニックを利用すると良いでしょう。タイオーバーをせずに、ガーゼの圧迫固定を行なうだけなら、余計な傷を作らないので傷跡も目立ちにくいですし痛みも少ないです。ただ、タイオーバーをしないことによるリスクも発生するので、カウンセリングの際に相談しておいたほうが良いです。また、相談しやすく信頼できるクリニックを利用することも大切です。